血統書のある犬を飼う

見学

サンプルイメージ  パピヨンをブリーダーで直接買いたい
場合にはブリーダーに見学をすることが
できます。

まだ生まれたてのパピヨンの子犬も
見ることができるのです。

受け渡しはもっと後になるのですが、
あらかじめ小さいうちに見てどの犬にするのかを
決めることもできます。

購入方法

パピヨンのブリーダーに見学をするときには
注意をしなければいけないことがあります。

それぞれのブリーダーによって決まりがありますので、
まずはネットなどで調べてみてください。

どのような決まりがあるのかというと、まずは
パピヨンの子犬を触る前に他の犬を触っては
いけないという決まりがあります。

まだパピヨンの子犬は免疫ができていないことがありますので、
他の犬の菌などをつけないようにするためです。

ネットに記載されていない場合はあらかじめ
電話で聞いておくのがいいでしょう。

また家の先住犬などを連れてきてパピヨンの子犬と
あわせるようなことをしてはいけません。

触るときには必ず消毒をして清潔にしなければいけないのです。

これらのルールはあらかじめしっておいてください。
安易な気持ちで、まだ買取の決まっていない子犬を触ってはいけません。

触らない

小さな犬の赤ちゃんは、とても菌や外からの刺激に弱いです。
生き物を扱う商売をされているからこそ、お客である
私たちもしっかりルールは守らなければいけません。

 


もしもペットがいなくなってしまった時の為に。

大阪でペット火葬を行うには、最低でも1万円のお金がかかります。ペット火葬に関する法律がないため、不当な料金を請求してくる業者も多く、見定めが必要です。

火葬を始めてから高額なお金を請求してくる業者や預かってそのまま産業廃棄物として処理してしまう場合があるためです。それを防ぐには、「立会型」や「安心して任せられる業者」にお願いすると良いです。

立会型の場合は、火葬場まで一緒に行くか、火葬業者が車に火葬場を積んで自宅の駐車場や近くの寺院を借りて行います。そうすることによって、即日すぐに遺骨を渡すことができるため、安心して任せることができます。また、一部の業者では、寺院で火葬を行い、住職によるお経と骨拾いを行ってくれます。

コースは、様々あり、「火葬後、遺骨を返却」や「火葬後、骨を拾い納骨」や「埋葬」の3つのコースから選ぶことができます。

費用は、それぞれで異なってきており、体重にもよって変わってきます。

小型犬1  小型犬2  中型犬  中型犬2  大型犬 

ペットショップ   選び方  ブリーダー  資格   里親  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.