血統書のある犬を飼う

資格は必要?

特別な資格

犬のブリーダーになるために
特別な資格は必要ありません。

しかし、動物の愛護及び管理に関する
法律の規定では、ブリーダーは第一種動物
取扱業者の扱いとなっており、
この仕事をするためには都道府県知事もしくは
政令指定都市の首長の登録を受ける必要があるほか、
動物の管理方法や飼養施設などについて国で定めた基準を
遵守しなければなりません。

きちんと面倒を見る

特別な資格は不要な犬の繁殖・販売の仕事ですが、
受験しておくと良い検定はいくつかあります。

家庭動物販売士やペット販売士、愛玩動物飼養管理士などがこれにあたります。

どれも民間の法人が認定しているものですが、取得しておくことで
仕事の幅が広がるだけでなく、第三者に対しては犬の繁殖や育成などについて
一定の知識という証明にもなり、信用が高まります。

またブリーダーによって育て方や方法は色々です。
色んなブリーダーの育て方を参考に犬にとって一番の方法を
見つけてあげてほしいと思います。

また購入してもらう飼い主も経済面も含めて
きちんと見てあげてほしいものです。

小型犬1  小型犬2  中型犬  中型犬2  大型犬 

ペットショップ   選び方  ブリーダー  資格   里親  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.