血統書のある犬を飼う

HOME

サンプルイメージ パピヨンは、フランス語で
蝶を意味する言葉です。

私たちがペットショップで
良く目にする小型犬のパピヨンは、
耳の形が羽を開いた蝶に似ている
ということで、こう呼ばれるように
なりました。

papillon professional breederいわくパピヨンという犬種は
古くから愛されており、あのマリー・アントワネットも
可愛がっていたと言われています。

マリー・アントワネットをはじめとする貴族に愛されていたパピヨン

パピヨンは16世紀のスペインのスパニッシュ・ドワーフ・スパニエルを原型とし、
これにスピッツが賭け合わさって現在の姿になったと考えられています。

ヨーロッパの上流階級の貴族達の間で人気があり、
マリー・アントワネットやルイ14世もお気に入りでした。

一緒に描かれた絵画も多く残っており、とても優雅で愛らしい犬です。

パピヨンとはフランス語の蝶という意味で、耳が羽を広げた
蝶に似ていることから名付けられました。

尻尾がリスのようにくるっとカーブを描いていることから
スカレール・スパニエルとも呼ばれていましたが、蝶のような耳を
もつタイプが多く繁殖されるようになり、パピヨンという名前で
呼ばれるようになりました。

現在では一般家庭でも多く飼われるようになり、見た目の華やかさや
人懐っこい性格から人気のある犬種の一つです。

パピヨンはとても賢く聡明で、しっかりと状況判断をするためしつけも容易です。

性格は明るく穏やかで、飼い主のいうことをよく聞く愛玩犬らしい気質ですが
反面、警戒心が強く気位が高い一面もあります。

また、小さな体と愛らしい見た目からは想像がつかないくらい
活発なため、運動不足になると無駄吠えをしたり、問題行動を起こしたり
しますので、毎日散歩に連れてゆく必要があります。

パピヨンは小型犬に属しますが、その中でも特に小さく、体の高さは
平均して約28p、体重は約4s程です。

毛の色は白をベースに白・茶、白・黒、白・赤、白・トライカラーの
組み合わせがあります。

寿命は一般的に12歳から15歳くらいですが、小型犬にみられる
先天性の疾患が少なく、比較的体が丈夫です。

現在でも尚人気のパピヨン

それほどにペットとしての歴史が長い犬ですが、
現代でも愛好家が多く、たくさんの人が子犬を買い求めています。

これはパピヨンに限ったことではありませんが、一般に
子犬を買い求めるときは、ペットショップから購入するより
ブリーダーから直接買った方がメリットが大きいと言われています。

それは何故でしょうか。

違い

質のいい子犬を育てるのはブリーダーの仕事ですが、
ペットショップで扱われるようになるまでには、卸売業者などを
通さなければなりません。

その分値段が上乗せされるのです。
つまり、ブリーダーから買った方が安いということです。

また、ペットショップの狭いケージの中に長い間いることを
強いられた子犬には、大きなストレスがかかります。

ストレスは様々な病気や怪我、パピヨンであれば
膝蓋骨脱臼などのリスクを高めます。

その点、ブリーダーからの直売であれば、余計なストレスの
かからない環境でのびのびと育てられ、健康管理もしっかりと
されている子犬に出会えます。

他の子犬と一緒に育てられているケースがあるため、
社会性や排泄などの基本的なマナーが身についている場合もあるようです。

パピヨンならパピヨン、トイプードルならトイプードルで、
専門に販売しているブリーダーならなおのこと、長生きで
かわいい子犬を扱っていることでしょう。

また良心的なブリーダーは引き取った後のケアもしてくれるところがあります。

 

甘噛みや無駄吠えなど、小さな犬は特に多く、
ご近所に迷惑になってしまう場合もあります。

原因は犬特有の上下関係がペットと飼い主の間で
うまく築けてないことが多いです。

そんな時にもともと生まれた時から世話をしてくれて、
関係を築いているブリーダーさんが相談に
乗ってくれることがあります。

いい対処方法やアドバイスをもらえると心強いですよね。

女性ならいつでもきれいにいたいそんなあたりまえな
きっかけづくり。シミしみアールスキンケアがおすすめ。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.