血統書のある犬を飼う

見学時の注意点

サンプルイメージ  パピヨンをブリーダーで直接買いたい
場合にはブリーダーに見学をすることが
できます。

まだ生まれたてのパピヨンの子犬も
見ることができるのです。

生まれたて

受け渡しはもっと後になるのですが、
あらかじめ小さいうちに見てどの犬にするのかを
決めることもできます。

パピヨンのブリーダーに見学をするときには
注意をしなければいけないことがあります。

それぞれのブリーダーによって決まりがありますので、
まずはネットなどで調べてみてください。

どのような決まりがあるのかというと、まずは
パピヨンの子犬を触る前に他の犬を触っては
いけないという決まりがあります。

まだパピヨンの子犬は免疫ができていないことがありますので、
他の犬の菌などをつけないようにするためです。

ネットに記載されていない場合はあらかじめ
電話で聞いておくのがいいでしょう。

また家の先住犬などを連れてきてパピヨンの子犬と
あわせるようなことをしてはいけません。

触るときには必ず消毒をして清潔にしなければいけないのです。

これらのルールはあらかじめしっておいてください。
安易な気持ちで、まだ買取の決まっていない子犬を触ってはいけません。

触らない

小さな犬の赤ちゃんは、とても菌や外からの刺激に弱いです。
生き物を扱う商売をされているからこそ、お客である
私たちもしっかりルールは守らなければいけません。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.