血統書のある犬を飼う

血統証明書

サンプルイメージ  きちんとかわいいパピヨンの
健康や様々なことを管理できている
ブリーダーならば、もちろん血統も
管理できているのです。

そのようなブリーダーからパピヨンを
購入する際には、血統証明書を
貰うことができるでしょう。

証明書

血統証明書はこのパピヨンが確実にパピヨンであり
他の犬種とのミックスではありませんという証明なので、
管理できないブリーダーでは発行することができないものなのです。

一体どこが発行しているの?犬の血統書を発行する団体について

犬の血筋を保証する血統書、それを発行している団体は多数存在します。

例えば一般社団法人ジャパンケネルクラブことJKCは、日本最大級の犬籍団体で
毎年約130種兼30万頭が登録されていると言われているほどです。

国際畜犬連盟、通称FCIに加盟している国内唯一の団体としても知られています。
血統書の発行以外にも犬種に関わる活動をしており、資格取得の講習会や試験、
競技にドッグショーなどの主催者としても有名です。

他にも、日本犬もとい日本固有の犬種の保護を理念にしている
公益社団法人日本犬保存会、通称「日保」や世界でただ一つ豆紫の血統書を
発行している特定非営利活動法人日本社会福祉愛犬協会、通称「KCジャパン」などが
挙げられます。

あとは警察犬の指定を行っている公益社団法人日本警察犬協会、略してPDも有名です。

それから公益社団法人秋田犬保存会や公益社団法人日本シェパード犬登録協会、
一般社団法人天然記念物北海道犬保存会に一般社団法人全日本狩猟倶楽部が挙げられます。

とはいえ発行する団体は数多くあれど、日本における血統書は
一般社団法人ジャパンケネルクラブがほとんどです。

ただし、一般社団法人ジャパンケネルクラブの血統証明書は、両親である犬に
それぞれ同団体の血統書がある場合のみとなります。

付け加えるなら、一般社団法人ジャパンケネルクラブは純血な犬種の維持を
目的としているため、たとえ親犬の血筋が保証されていても、別々な犬種であれば
認められません。

血統証明書の重要性

ミックスにはミックスのかわいらしさがあるでしょう。
しかし、パピヨンのブリーダーから購入するのに、
ミックスになっている場合は犬のお世話や
管理ができていないと言うことにもなるのです。

長い間一緒に過ごす大切な家族であるパピヨンなので、
できるならば大切に育ててもらっていた方が嬉しいですよね。

家族の一員

血統を証明できると言うことも、大切に育ててもらう為に
必要な管理の1つでもあるのです。

基本である管理をしっかりできているブリーダーからならば、
安心して購入することができる可能性も高くなります。

また、ほかにも、ワクチンの証明書をきちんと提出してくれるブリーダーは安心です。

悪徳なブリーダーは費用がかかる為に、ワクチンをきちんと
打ってあげてない場合があります。

書類をきちんとだしてくれるところは、安心することができます。
また、ブリーダーの施設を見学することで見えてくることもあります。

見学不可にしているブリーダーは清潔な環境を整えていない
場合も多いので、特に注意が必要です。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.