血統書のある犬を飼う

初めて飼う

サンプルイメージパピヨンを初めてペットして家に迎え入れた子犬はしっかりと躾を施さなくてはいけないのはもちろんですが、飼い主として適度に遊びに付き合ってあげることも非常に重要です。

遊びに付き合う

子犬のうちは自分で調整出来ないため
遊ぶ時間を飼い主が決めたほうが
無難であると言え、パピヨンのような室内で飼うことに
適している子犬の場合であっても、運動と躾の両立が行なえる
遊び方を取り、コミュニケーションを図るべきだと言えるのです。

疲れさせない程度にパピヨンを遊ばせ、その中で悪いことをしたら
しっかりと躾けるというのが重要になってきます。

まず準備として、パピヨンに噛まれたら困るものを
子犬の手では届かない場所に置くなどの工夫を施すことから始めるといいでしょう。

そして遊びの中で噛み付いてもいいものとそうでないものを
ゆっくり教えていくというのが理想なのです。

子犬の内のパピヨンはケージの中に入れて育てるといった家庭が大半です。
ケージから出して遊ぶ場合1回20から30分程度の時間の時間といったように
限定してパピヨンが体力を消費しすぎないよう注意を払うべきだと言えるでしょう。

まだ成長してきれていない犬は、遊びたいという気持ちが
前面に出すぎてしまい、体力を消費させてしまった状態であっても
遊んでほしいと飼い主にアピールしてくるものです。

飼主へアピール

飼い主として、まだ小さなパピヨンともっとコミュニケーションを
取りたいと思っていても、一度に30分以上遊ばせるのは危険だという
認識をしっかり持って休憩を適切に与えることを忘れないでください。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.