血統書のある犬を飼う

初めて飼う

サンプルイメージパピヨンを初めてペットして家に迎え入れた子犬はしっかりと躾を施さなくてはいけないのはもちろんですが、飼い主として適度に遊びに付き合ってあげることも非常に重要です。

遊びに付き合う

子犬のうちは自分で調整出来ないため
遊ぶ時間を飼い主が決めたほうが
無難であると言え、パピヨンのような室内で飼うことに
適している子犬の場合であっても、運動と躾の両立が行なえる
遊び方を取り、コミュニケーションを図るべきだと言えるのです。

疲れさせない程度にパピヨンを遊ばせ、その中で悪いことをしたら
しっかりと躾けるというのが重要になってきます。

まず準備として、パピヨンに噛まれたら困るものを
子犬の手では届かない場所に置くなどの工夫を施すことから始めるといいでしょう。

そして遊びの中で噛み付いてもいいものとそうでないものを
ゆっくり教えていくというのが理想なのです。

子犬の内のパピヨンはケージの中に入れて育てるといった家庭が大半です。
ケージから出して遊ぶ場合1回20から30分程度の時間の時間といったように
限定してパピヨンが体力を消費しすぎないよう注意を払うべきだと言えるでしょう。

まだ成長してきれていない犬は、遊びたいという気持ちが
前面に出すぎてしまい、体力を消費させてしまった状態であっても
遊んでほしいと飼い主にアピールしてくるものです。

飼主へアピール

飼い主として、まだ小さなパピヨンともっとコミュニケーションを
取りたいと思っていても、一度に30分以上遊ばせるのは危険だという
認識をしっかり持って休憩を適切に与えることを忘れないでください。

ペットを運動させすぎると危険?!知っておきたい運動しすぎの危険性

犬を運動させすぎることによって、いくつもリスクがあることはご存知ですか。
健康面で運動はさせると良いわけですが、行き過ぎると悪影響もあるので
是非チェックしておきましょう。

まず一つ目の運動させすぎによるリスクは、関節や背骨に負担がかかり
病気になったり持病が悪化する危険性があります。

全速力で走ったり高いところからジャンプしたりといった激しい運きを
続けさせると、骨が細くて関節が外れやすい低血糖の小型犬や、背骨に負担の
かかりやすい胴長短足犬などの場合は、特に悪い影響を受けがちです。

骨に関する「股関節形成不全」という病気などにも繋がるので、生後60日ほど
成長するまでは、激しい運動は控えるべきです。

また、運動させすぎてしまって興奮状態が続いてしまうというリスクもあります。
激しい運きを犬にさせると、脳内でアドレナリンが出て興奮状態になってしまい
動きを続けるとこのアドレナリンが出続ける状態になってしまって
犬の体に負担がかかるのです。

例えばボール投げ引っ張り合いなどといった遊びを繰り返していると
犬の心拍数をあげ、興奮を強めてしまうのであまり良くないと考えられます。

ゆったりと周りの環境を楽しみながら歩くお散歩ぐらいが犬の運動には最適なのです。

もちろん、させすぎのせいで怪我をするようなリスクを負う可能性もあります。
犬の肉球は歩いたり走ったりするクッションの役割を果たしていますが、
一方でデリケートでもあるので、アスファルトや砂利道などを長時間歩いたり
走ったりすると、肉球に負担がかかって傷がついてしまうようなこともあるのです。

以上のような点によく注意して、運動させすぎないようにしましょう。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.