血統書のある犬を飼う

生体保証

サンプルイメージ  パピヨンのブリーダーとは、
パピヨンを専門的に扱い販売する
ペットショップの事です。

その、パピヨンの健康状態を
証明するのが生体保証です。

例えば、今現在の受けている、
予防注射や、今までのけがや病気を記載しているものです。

簡単に表現すると、健康保険の様なものです。
また、購入したパピヨンブリーダーの保障として、
パピヨン購入後に、すぐ死亡した場合などに
パピヨンブリーダーから、直接、保証金をもらえたりします。

保証金

これは、お店によって異なります。
そのため、購入者が安心してブリーダーから
パピヨンうを購入できます。
この生体保証は、とても大切なものです。

整体保証で注意が必要なのは、獣医の適切な治療を
受けなかった場合の死亡や交通事故による死亡や
契約者以外からの保証請求や、犬の逃亡などには、
この生体保証が適応しないので、初めに少し
勉強をする必要性があります。

調べておく

しかし、きちんと調べていれば、心配をすることはありません。

それらの書類をきちんと提出してくれるブリーダーは
安心できるといっていいでしょう。

しかし、内容はキチンと読まなければ、お店によって
全く異なる場合もでてくるので注意が必要です。

良心的なお店ではきちんと説明してくれます。
また、お店によっては、買い取った後の相談を
受け付けてくれているところもあるので確認してみるのがいいでしょう。

【ペット保険】大切なペットにも保険を!ペットの医療保険や死亡保険

今や立派な家族であるペットは、人間のように長生きできず
犬なら15年も生きたら長生きといわれます。

若いころは元気に走り回って病気ひとつしなかった犬でも
10歳を超える頃から少しずついろいろな病気にかかり始めるのです。

死亡率が一番高いのはやはりがんです。
人間社会では先進医療が進んでいるので、早期発見で完治できる確率が
かなり高くなりましたが、犬や猫はなかなか早期で発見することが難しく
見つかったころに切除ができればよいのですが、切除もできずに
抗がん剤や痛み止めなどの治療しかできないために、死亡率が高くなっているのです。

がんにかかり切除や抗がん剤などの治療になると、数十万円など高額な費用が掛かります。

また、がんだけでなく骨折の治療でも30万円くらいかかることがあります。
いくら家族のペットでも、社会保険に加入をしているわけではないので
かかる治療費はすべて実費で支払わなければいけません。

費用が出せない場合は、治療を断念しなければならない可能性も出てくるのです。

そこで、ペットにも医療保険に加入をしておくことで、かわいいペットが
病気やけがをしたときに、十分な治療をしてもらうことができます。

ペット保険に加入をすると毎月掛け金が掛かりますが、いざというときには
治療費の50%や80%などの費用を補てんしてもらうことができるからです。

掛け金は人間の保険と同じで若いうちに加入をした方が安くて済むので
早いうちからの加入がおススメです。

ペットの死亡保険というものはありませんが、医療保険の中に
最期のセレモニー費用が特約として入っているものもあります。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.