血統書のある犬を飼う

資格は必要?

サンプルイメージ犬のブリーダーになるために
特別な資格は必要ありません。

しかし、動物の愛護及び管理に関する
法律の規定では、ブリーダーは第一種動物
取扱業者の扱いとなっており、
この仕事をするためには都道府県知事もしくは
政令指定都市の首長の登録を受ける必要があるほか、
動物の管理方法や飼養施設などについて国で定めた基準を
遵守しなければなりません。

基準を守る

知らないうちに法律違反?犬の飼育に関する法律

犬を飼いたい場合法律を守る必要があり、犬を飼い始めてから
30日以内に登録を行う必要があります。

国の法律狂犬病予防法で義務付けられていると考えて間違いありません。
一生に1回のみの登録となり、管轄の保健所で申請することができます。

また、毎年4月から6月までの間に狂犬病の予防注射を受けることも
法律で定められています。

どこで注射をお願いしたらよいかわからない方もおられるかもしれません。
毎年保健所から通知書が届き、予防接種を受けられる日時と場所が記されています。

都合が合わない場合は、動物病院で受けることができます。

取得した鑑札と注射済票は、必ず犬に付ける必要がありますが、
忙しくて申請に行くことができない方もおられるかもしれません。

予防注射を接種した際、登録申請の代行をお願いできる動物病院が
増えているため、チェックしてみることをお勧めします。

飼い主の責務を果たせない場合は、20万円以下の罰金となるため
あらかじめ認識しておく必要があるのではないでしょうか。

犬を飼うと必ず別れの日が訪れます。
犬が寿命を全うした際、どのように供養するのか考えておく必要があります。

民間の業者にペットの火葬や供養をお願いすることができるため
調べてておくと、いざというときに慌てず供養することができるのではないでしょうか。

私有地であれば、土葬も可能なため、火葬してから埋葬するとよいかもしれません。
遺棄した場合は、法律で100万円以下の罰金と定められています。

ペットに関する資格

特別な資格は不要な犬の繁殖・販売の仕事ですが、
受験しておくと良い検定はいくつかあります。

家庭動物販売士やペット販売士、愛玩動物飼養管理士などがこれにあたります。

どれも民間の法人が認定しているものですが、取得しておくことで
仕事の幅が広がるだけでなく、第三者に対しては犬の繁殖や育成などについて
一定の知識という証明にもなり、信用が高まります。

またブリーダーによって育て方や方法は色々です。
色んなブリーダーの育て方を参考に犬にとって一番の方法を
見つけてあげてほしいと思います。

また購入してもらう飼い主も経済面も含めて
きちんと見てあげてほしいものです。

飼主の責任

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.