血統書のある犬を飼う

パピヨンの大きさ

サンプルイメージパピヨンは、飾り毛があり、直立した大きい耳が特徴で品格を感じさせる優雅な犬です。

パピヨンの大きさにばらつきがあるのは、大きく分けて2種類のタイプがあるためです。
「ファーレン」と「パピヨン」の2種類に分類されますが、日本では分類せずに
同じ犬種として扱っています。そのため、どうしても大きさにばらつきが出てしまいます。

ばらつき

パピヨンは大きく直立した耳ですが、ファーレンは垂れ耳が特徴で、原種とされています。

基本的に、ファーレンの方が大きい場合が多いです。
平均寿命は12際〜15歳とわりと長く、特に特有の持病もなくわりと健康な犬種と言えます。

性格は、明るく活発でありながら、人好きで穏やかな面もあります。
状況や家族の空気を察して、利口に振る舞ったりもします。

大変活発なので、飼い主と一緒にドッグスポーツを楽しむこともでき、
また、賢く、訓練競技会に出場する犬もいます。

ドッグスポーツ

毛色は、白地に黒・茶・レモン(明るい茶色)・セーブル(黒い差し毛のある茶色)などです。ペットショップよりは、ブリーダーから購入するのをおすすめします。

健康でかわいい子犬を通常より安い価格で購入できます。

パピヨンの種類の1つ『ファーレン』って?普通のパピヨンとの違いとは?

ファーレンはパピヨンの原種で、現在のところパピヨンとファーレーヌもとい
ファーレンは同種の犬とされています。

フランス語で「蝶」を意味しているパピヨンに対し、ファーレンの意味は「蛾」です。

その由来は耳の形で、前者は羽を広げているような立った耳が
蝶という意味の元になっています。

対してファーレンの耳は垂れているので、蝶に対をなす
蛾の意味が名付けられたわけです。

元々はファーレンこそがパピヨンと呼ばれており、
また現在のパピヨンは存在していませんでした。

当時は耳の形にはこだわっておらず、どちらかと言えば
尻尾の形が人気の要因だとされています。

そのため尻尾に注目するのが常識でしたが、19世紀になってから
現在では当たり前な立ち耳の犬が見かけられるようになったため
その常識が変わっていきました。

これは、チワワやスピッツといった別種の犬たちと交配を重ねていくうちに
耳の形が変わった結果です。

その形が愛らしい事から人気を博していき、新種の繁殖に精力的になっていきます。
その頃から新種の名はパピヨンとなり、従来の垂れ耳の犬はファーレーヌになったわけです。

基本的に両者の違いは耳の形が主ですが、他にも体のサイズが
ファーレンのほうが大きいところが挙げられます。

現在では垂れ耳をテーピングで強制的に立ち耳にする方法もありますが、
その方法では犬にストレスを与えてしまうものの、垂れた形は病気を起こしやすいので
飼い主にとっては考えどころです。

ペットとして飼いやすいパピヨンとファーレン

しつけもしやすく、長毛種でありながら、抜け毛も少なくお手入れも簡単です。
価格は、直近1年間の子犬で、最低価格は6万円、平均 約17万円、
最高価格 41万円になります。

人気の犬種なので、飼いたい人には、ぜひおすすめしたいです。
見ているだけで癒されます。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.