血統書のある犬を飼う

愛らしい性格

サンプルイメージ子犬の中でもエレガントさと快活さを
併せ持ったパピヨンはとても人気があります。

愛らしい

また、コミュニケーションのとりやすい
性格で、訓練生も高いのが特徴です。

パピヨンをしつけているとき、話しかけると首を横に傾けて一生懸命飼い主の目を見て理解しようとしているしぐさをします。
それはとても愛らしく、飼い主に癒しを与えてくれる表情です。

愛らしいパピヨンがお座りをしながら片方の前足を少し浮かしているしぐさは
上位の者に服従する姿勢を見せている時です。

仕草

また撫でてほしい時にも片足を上げる事があります。
パピヨンは訓練生が高いことから、甘やかして育てるよりも
きちんとしたしつけをした方が、本来のパピヨンの性格には合っていると言えます。

【はじめてのしつけ】犬のしつけの重要性

犬のしつけの重要性としては、犬は集団行動をするという事から来ていると考えられ
集団の中ではマナーを守るという事が最重要になるので、これが出来なければ
集団の中で生きていくという事が出来なくなるからです。

これは人の社会を見ても良く分かるはずです。
ルールやマナーを守るという最低限の事が出来ない人は、どんなに優れた人であっても
その社会の中で孤立して、生きていく事は出来なくなってしまいます。

犬の場合は社会化期というように言われる時期があり、この時期のしつけが
極めて大切という事が分かっています。

この時期は生後3週~13週ぐらいまでを親犬や兄弟犬と一緒に過ごすようにして、
社会というものを知るという事をしています。

これはコミュニケーションの方法を学んだりもしているのですが、
同時に自分の立ち居振る舞いの是非をこの中で知るという事も学んでいるわけです。

ここで、コミュニケーション力のような、社会生活をする上では
欠かす事が出来ない力を身につけているというように考えても良いでしょう。

動物の愛護等に関する法律では、生後56日にならない犬や猫の販売は
禁止していて、この頃のしつけや教育というものが如何に大切なのかという事を
考えているからだという事も言えるでしょう。

この頃の経験によって犬は大きく将来性が変わってしまう事になります。
この頃には慣れるという事も学びだして、自分の中でこれは安心して良いモノ、
これは恐怖すべきものという物が出来ていく時期でもあると考えられています。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.