血統書のある犬を飼う

子犬の世話

サンプルイメージパピヨンの子犬を飼い始めたばかりの時期は、目を離さないようしっかり世話をしましょう。

飼い始め

食事は、生後60日前後のパピヨンには2週間ほどのあいだは
お湯でふやかしたドッグフードを冷ましてから与えます。

パピヨンは元々少食な犬なのでなるべく食事に集中するよう、
離れたところで見守ります。

また子犬を迎え入れたばかりの時に構いすぎてしまうと
パピヨンが人と遊びたくてご飯はそっちのけになってしまうので
最初の数日はなるべくゲージの中で世話をします。

ゲージの中におもちゃをいれると、パピヨンの子犬が
まだ慣れない環境でうけるストレスの発散になります。

ちなみに、ゲージは直射日光があたらないところに設置しましょう。
パピヨンはデリケートなのもあり、万が一日光にあたりすぎると
熱中症にもかかりかねません。

デリケート

通気性の良い、適温な室内で飼いましょう。
また、パピヨンは散歩も好きなので、外の音に慣れてきたら
少しずつ慣らしながら外出してみましょう。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.