血統書のある犬を飼う

犬を飼いたい!

サンプルイメージブリーダーとは、犬やペットを繁殖させて売っている人の事をいいます。
これになるために資格はいらないので
誰でも簡単になれるものですし、
しっかりと見極めなければなりません。

見極める

良いパピヨンのブリーダーの選び方は、見学ができるかどうかを確認して、
見学が可能であれば自分の目でパピヨンが育った環境や、しっかり愛情を注いでいるかを
見ておくことが必要です。

また、アフターフォローはしてくれるのか、パピヨンについての知識は
しっかりもっているのか、病気や遺伝のことをわかっているのか
という事も重要なので、質問しておくと良いでしょう。

最終的には自分の判断になりますので、自分自身が納得できる人だと
判断できたら、そのブリーダーからパピヨンを購入するのが一番良いはずです。

納得できる

またよいブリーダーに巡り合えると、購入後の旅行の際に
預かってもらうことも可能です。

出かけられなくなる…
なんて飼うのをあきらめている方も一度検討してみるといいでしょう。
パピヨンの様子がおかしい際に相談にのれるのもうれしいですね。

大切な家族のために|飼い主としての心得

ペットは癒し効果などもあり、生活に潤いをもたらせてくれることや
喜びや悲しみを共有できること、子供がいる家庭の場合は情緒豊かに
子供が成長するなどたくさんのメリットがあり、変わらないブームが続いています。

しかし、ペットを飼うということは、命を預かるということで大きな責任も伴います。
ペットとして飼われている動物の多くは犬や猫、鳥といったところですが、
実際に飼ってみるとエサ箱周辺は汚くなりますし、排泄をしつけるまでは
部屋が汚れることもあります。

ペットはしゃべることができないので健康状態を気にしなくてはなりませんし、
旅行などで長期に家を空けることも難しくなります。

「かわいい」だけではペットを飼うことはできません。
飼うからには飼い主としての心得が必要です。

一番大切なことは、家族の協力が得られるかどうかです。
犬も猫も10年以上の寿命がありますので、その間一緒に
生活していけるかどうかを、飼う前に十分に確認しなければなりません。

家族にアレルギー体質の人がいる場合は、飼う前に検査をしておくこと大切です。

次に、最後まできちんと世話をすることができるかどうかです。
食事代はもちろん生活用品やワクチン接種、病気になれば
治療費も必要になりますので、ペットを飼うということはこれらの費用負担を
しなければならいと心得ておきましょう。

また、ペットも年を取り、私たちよりも先に寿命がやってきます。
高齢になったペットを介護できるかどうかの心構えも必要になります。

ペットは大切な家族です。
悲しい思いをさせないようによく考えて飼うようにしましょう。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.