血統書のある犬を飼う

購入のタイミング

サンプルイメージパピヨンの子犬を購入したいと思うのであれば、生後何か月くらいの子犬を購入するのが理想的なのでしょうか。

理想のタイミング

例えば、生後一か月くらいのパピヨンであれば、とても小さくて愛らしい姿をしているものです。

しかし、いくら月齢が低い方が可愛いからとは言っても
まだ生まれてから一か月くらいしか経っていないパピヨンを
購入するよりは、生後二カ月から三カ月くらいの
パピヨンにしておいた方がいいでしょう。

それというのも、生まれてから二、三か月くらいまでは
母犬や兄弟達と一緒に過ごしておいた方がいいからです。

母乳の関係もありますし、兄弟たちと遊んでおくことも
重要なことになるからです。あまりにも早いうちに母犬たちから離されてしまった
パピヨンと比べると、健康面や社会性も優れているようになります。

母犬

ですのでいくら小さい方が可愛いからと言っても、生まれて間もない
子犬のパピヨンを購入するよりも、少し大きくなってきたパピヨンを
購入した方がいいでしょう。

ペットを飼うなら知っておきたい決まり事

犬をペットとして飼いたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ペットとして飼うには、様々な決まり事があることを
あらかじめ認識しておく必要があります。

生後3ヶ月(91日)以上の犬は、一生涯に1度登録を行い鑑札を受ける
必要があり、犬の登録の費用については1件3000円となります。

飼い犬が死亡した場合や新たに犬を飼う場合、引越しを行った場合等についても
手続きが必要と考えて間違いありません。

鑑札再交付については1件1600円となります。

犬の病気というと、狂犬病を想像する方もおられるのではないでしょうか。
生後91日以上の飼い犬は、年1回の狂犬病予防注射を行う必要があります。

新たに犬を飼う場合、最寄りの動物病院で注射をお願いするとよいです。
注射の費用は2490円と考えておくと間違いありません。

注射を行うだけでよいのか不安を感じる方もおられるはずです。
注射を行った後は、町民課住民生活係で狂犬病予防注射済票の手続きを行うことが
必要があるため、注意する必要があります。

登録は行っているけれど、注射を忘れてしまうのではないかと
不安を感じている方もおられるのではないでしょうか。

年に1回、予防注射の定期集合注射の通知が送付されるため、
心配する必要はありません。

通知を受け取った後注射を行うとよいです。
年1回の予防注射済票交付は1件550円、予防注射済票再交は
1件340円となります。

事前に決まり事をチェックしておくと、スムーズに犬を飼うことが
できるのではないでしょうか。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.