血統書のある犬を飼う

パピヨンの特徴

サンプルイメージ スパニエルは中型犬の中でも小柄な犬種です。

前足はまっすぐで後ろ足は若干傾斜しているのが特徴です。
スパニエルとはスペイン系の猟犬種の総称です。
見た目は華奢ですが、敏捷な動きを見せてくれます。

パピヨンの祖先がスパニエルだといわれています。

パピヨンは中世の宮廷や貴族から富の象徴として
寵愛を受けてきた歴史があります。

イタリアのボローニャで繁殖され、16世紀のフランスの王侯貴族たちに
愛されていました。可憐な姿と気位の高さで中世の絵画にも
その蝶のような美しい姿が残されています。

好まれていた

体は小さめ、遺伝などの病気も少なく、体臭もほとんどなく
被毛のお手入れも簡単で、トリミングの必要もなく飼いやすい犬であるといえます。

人間に対しては友好的で甘え上手、小さなお子様ともすぐになじめます。
しつけやトレーニングもしやすいので犬を初めて飼う人にも安心です。

群れで羊を囲い込むという作業が得意で、ワーキングインテリジェンスの
血統を持つため、賢いのが特徴です。

ペットショップなどで目にする血統書って一体なに?

犬を購入しようと探している際に、ペットショップ等で
血統証明書という言葉を見掛ける事が多いです。

血統書として何気なく使用しているこの言葉ですが、
名前の通りその犬の血筋を示したものだったりします。
あくまで、その犬の出生や犬種を明確に示すだけです。

そんな血統証明書は一般社団法人ジャパンケネルクラブ、
通称JKCと呼ばれる団体に血糖登録された同一犬種によって
生まれた子犬に発行されています。

犬には様々な犬種が存在していますが、それぞれ理想の姿を定めた
犬種標準が設定されているのです。

同一犬種同士で繁殖する事で、その標準に近い姿の子犬が
当然ですが生まれ易くなります。

だからこそ、犬種らしい犬を求める人にとって、血統書付きというのは魅力的です。

特にドッグショー等では、犬種によって部門が分かれている事が多かったりします。
そのため、参加するのに必ずその犬種である事を証明するために
血統書を提示する必要があったりするのです。

なのでそういったドッグショーに参加したいという人は、
JKCが発行している血統書付きの子犬を購入する必要があります。

更にブリーダーとして、特定の犬種の繁殖を行いたい場合にも
血統書付きの犬同士で繁殖させなければなりません。

そうしないと他の犬種の血が混じって、ミックス犬となるので注意が必要です。

ただしあくまで血統書は、その犬種である事を示す材料に過ぎなかったりします。
犬の優秀さや価値を示す物ではないので、その点は留意すべきです。

賢くて付き合いやすいパピヨン

人の言葉を理解して感情を読み取ります。環境への順応性も高いので
室内飼いでもストレスなく育ちます。

室内飼い

蝶のように広がった耳が特徴ですが、耳が垂れ下がったフォーレンという種類もあります。

ホワイト&ブラウン、ホワイト&ブラック、トライの3色が主流です。
体重は4キロから5キロほどです。

飼い主にはべったりと甘えて、気持ちを和ませてくれます。
無駄吠えや噛み癖がありませんが、活発に動き回ります。

小型犬1  小型犬2  中型犬  中型犬2  大型犬 

ペットショップ   選び方  ブリーダー  資格   里親  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.