血統書のある犬を飼う

ブリーダーから購入する

サンプルイメージ パピヨンをブリーダーから購入すると
どういったメリットがあるのでしょうか。

まずは金額面から考えてみると、
ブリーダーから直接買った方が
ペットショップで買うよりも
安くなるでしょう。

なぜブリーダーから買った方が安くなるのかというと、
中間マージンを取られることがないからです。

間に入る人がいない分、余分にお金を支払う必要がありませんので
ブリーダーから直接パピヨンを方が安くなるのです。

【ペットを探す】ペットショップとブリーダーの違いは?

ペットショップは、契約しているブリーダーから子犬を仕入れて販売しています。
一方のブリーダーには2種類あり、一つはペットショップへの卸専門と
独自に販売するブリーダーです。

ペットショップのメリットは店頭で様々な犬種を見たり触れることで、
飼いたい種類が決まっていないときにはメリットです。

ブリーダーは特定の犬種のみを扱っているケースがほとんどで、
最初から飼いたい種類を決めておかなければいけません。

ペットショップは生体の他に、飼うときに必要な道具も販売しています。
シーツやケージにフードなど様々なグッズが揃っているので、
一度に全て買い揃えることができるのは特徴です。

しかしペットショップで販売されている生体は、繁殖計画を立てず
流行の犬種ばかり扱う悪徳ブリーダーから仕入れられている可能性があります。

悪徳ブリーダーから仕入れられると、親の情報を確認することができません。
そのため成長した後の性格やサイズを確認できないので、イメージとギャップを
感じることがあります。

ブリーダーから直接購入する場合は、犬舎見学が可能です。
犬舎見学をすると飼育環境を確認できるので、悪徳か優良か判断可能です。

また、親や兄弟の性格・サイズを確認してから購入できるので、
家庭環境に合わせてペットを選ぶことができます。

ペットショップでもブリーダーでも、命を預かることに変わりはありません。
納得できるまでチェックしてから、ペットは飼うようにしましょう。

メリットが多いブリーダーからの購入

そして他にもパピヨンをブリーダーから購入するメリットとしては、
トイレなどのしつけができている場合がるのです。

しつけられている

パピヨンにトイレのしつけをしてくれていることによって、
パピヨンを買って家に連れて帰っても楽に世話をすることが
できるようになるといったメリットがあります。

躾がきちんとされた子犬を飼うと、飼い主もペットも
ストレスが少なく生活できます。

すると、自然と上下関係が築けることが多いです。
その結果、甘噛みや無駄吠えなどの体の小さな犬ならではの
問題も軽減されます。

小さな犬が無駄吠えをするのは、強くみせようとしているからです。

不安を感じる

自分よりも上の飼い主がいて、しっかり守ってくれると
理解すれば、自然と無駄吠えもなくなります。

いいブリーダーはそんな始めの躾をしてくれていることが多いです。
ですので、パピヨンを購入するときには、ブリーダーから買う事も
考えてみてもいいでしょう。

そうすることによって、お得にパピヨンを手にれることが
できるようになるはずです。

性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.